ツアー旅行で失敗しないために

観光地の滞在時間の記載を良く見よう

旅行会社のツアーに参加してみて、思っていたより忙しかったり、バス移動が長すぎて疲れてしまったりなど、想像と違っていた経験はありませんか。そういう人は意外に募集パンフレットをしっかり読んでいない傾向があると思います。ツアーを選ぶ際はまずはしっかりパンフレットを熟読する必要があるのです。特に良く見ておきたいのは行程の中にある観光地における滞在時間です。例えばツアーの目玉ともなる観光地が短めに設定されていることもよくあるのです。反対に「ゆっくり滞在○時間以上」というように長い滞在を売りにしているコースもあるので、そういう記載のあるものに注目するのもひとつの手です。

宿泊ホテルに関する記載をよく見よう

旅行において宿泊ホテルの良さは大きなポイントです。しかし残念ながら旅行会社のツアーで、あまり良くないホテルにあたってしまうことは少なくないと思います。ホテルが古すぎたり、料理がおいしくなかったり、何よりホテルのスタッフのサービスが良くなかったり、色々なトラブルも起こってきます。募集パンフレットには宿泊ホテルの一覧が記載されており、その中のいずれかのホテルに宿泊する場合が多いです。その中のホテルをいくつかピックアップして、事前にインターネットで調べてみると良いでしょう。それであまり良い口コミがなければ避けるなど、選択肢も広がってきます。ある程度ホテルが良ければ、旅行の満足度は自ずと高くなるものです。

初めての東京観光旅行

旅行の目的と一人での不安

当時ど田舎に住んでいた私は夏休みを使い東京に引っ越してしまった親友に会う為に一人で東京へ行きました。修学旅行で東京に来たことがあるものの一人だと心配なのが電車の乗換でした。特に親友の家が空港から乗り換えの多い場所にあった為事前に調べてきたにも関わらず駅内で迷ってしまい、駅員さんや近くにいた人たちに行き方やホームの場所を聞きまわり、昼に東京に到着したにも関わらず親友宅に到着したのは夕方頃になってしまい、観光は次の日からになりました。都会に住む人は田舎に住む人からすると怖いという印象が強かったのですが皆さん優しく丁寧に教えてもらえた結果無事に着けて迷っても駅内は田舎では見ないようなお菓子売やお店がありどんな理由あれ東京を楽しめました。

親友との東京観光旅行

行った場所はおおまかに言うと浅草、秋葉原、渋谷、上野、池袋、です。どこ行っても人だらけで驚きを隠せませんでしたが、若者の街というイメージが強かった私には浅草には驚かされました。雷門へ行ったのですが売っているものは駄菓子や和スイーツでTHE昔という感じで観光者も年配の方で溢れかえっていました。ですが和スイーツがとにかく美味しい。特にとあるお店の芋羊羹が羊羹といってもしつこい甘さではなくあっさりとしているのですがお茶とよく合う絶品な和スイーツでした。雷門の大きさにも圧倒され全体的に食べ歩きツアーのようになってしまいましたが、東京は美味しい食べ物がいっぱいありとても満足出来ました。途中でテレビの中継がやっており遠くで見てテレビに映るのかなってワクワクしたのもいい思い出です。

北海道を10倍楽しむ方法

北海道は大人気の観光地

旅行をする計画を立てる場合、真っ先に思い浮かぶのが北海道です。なぜなら、本州にはない魅力がたくさんあるからです。まずは、目的地を明確にして、入念に下調べをしてから旅行することをおすすめします。

県庁所在地である札幌は、地下鉄が整備されていますので移動がスムーズです。また、旭川の動物園、小樽の運河、富良野のラベンダー畑など、各エリアに個性的な観光スポットが存在しています。

さらに、札幌のラーメン、函館の海産物など、おいしい食事を堪能できる飲食店がたくさんあります。ランキング表などで情報をチェックしておけば、確実に味わえます。

北海道をさらに満喫するために

北海道を訪れる方々の中には、アカシアの花が美しい五月六月、カラリとして過ごしやすい七月八月を選ぶ人がとても多いです。けれど、北海道は一年を通して楽しめるところですから、シーズンごとに旅行する方法もおすすめです。

秋には、層雲峡の美しい紅葉を見ることができます。さらに、冬には札幌で雪まつりが開かれますので、海外からもたくさんの観光客が訪れています。さらに、春が近づく頃には、オホーツクで流氷を見るツアーが企画されます。ダイナミックな自然と向き合うことができる点が、北海道旅行の大きな魅力となっています。

母と二人で自由旅行。

たまには母と旅行に。

ここ最近私は旅行っていうと友人と一緒に行くっていう機会の方がすごく多かったのですけれども、友人たちも結婚したり仕事で都合がつかなかったりっていうことで一緒に旅行へ行くっていう機会が昔よりも減ってしまいました。それでも旅行は好きだから行きたいけどひとりで旅行っていうのも楽しくありませんから誰かと一緒に行きたいって思った時に、母からそれだったら私も一緒に旅行へ行きたいっていう話になってたまには母親と二人で旅行っていうのもまた違っていていいかもしれないと思って母と娘で二人で自由に旅行をすることにしました。

喧嘩もあるけど楽しい旅行。

母と一緒に旅行ってなると普段一緒に暮らしている私でも母の知らないでいた一面とか姿っていうのが知る事ができたりはたまた新しい発見ができたりしていてとても楽しいのですけれども、それでもやはり親子ですから当然喧嘩をしてしまうっていうこともあります。お互いのペースが違っていたりするっていう事とかが重い通りに行かないっていうことで怒りの原因になるのですが。それでもやはり親子だからすぐに仲直りができて一緒に旅行を楽しく過ごすっていうことができてこういう時に親子って本当に素晴らしいっていう風に改めて思ってしまいました。

旅行を快適にするちょっとしたコツ

衣類をコンパクトにするために

旅行の際に、荷物が増えてしまって困る人もいると思います。しかし、連泊をするような旅行では、どうしても着替えなどの荷物が増えるのは仕方のないことです。

少しでも荷物をコンパクトにするために、衣類を圧縮袋に入れるという方法を取ってみましょう。掃除機を使わなくても、畳んだ衣類を入れて手で空気を抜ける物なら、とても便利です。しかも100円ショップでも購入できるのです。

下着に関しては、捨ててしまっても構わないような物を持っていき、履いた後は現地で捨てるようにすると、帰りの荷物が減り、代わりにお土産を入れるスペースができます。下着は裸のままではなく、袋に入れて捨てるようにしましょう。

海外旅行の際に持っていくと便利な物

海外旅行の場合、意外とあると便利なのがティッシュです。箱入りのティッシュを1箱持っていけば量は十分でしょうが、かさばるようならポケットティッシュでもいいでしょう。

もしかしたら、海外の食べなれない食事のせいで、お腹を壊してしまうということがあり得ます。そんなときトイレに行っても、中にはペーパーを設置していないというところもあるのです。トイレ以外にも、何かをこぼしてしまったときなどに拭くことができるので、何かと重宝するはずです。海外でティッシュを買ってもいいのですが、日本製のように柔らかくなく、ごわごわした物が多いです。敏感肌の人は、日本のティッシュを持っていくようにするといですね。